妊娠中のお悩み解決局

妊娠中の加工食品について

time 2018/12/02

妊娠中の加工食品について

今回のテーマは「妊娠中の加工食品について」です

使いやすいのでついつい、食卓に出してしまう加工食品ですが、食べすぎには注意です。

加工食品は何と言っても、塩分がたくさん含まれており、塩辛いものが多いのです。

塩辛いものを食べすぎると血液の濃度が上がりドロドロになっていきます。

そうなると、血管に負担もかかるし血圧も上がってしまいます。

ただ、塩辛いものを食べたからといってもすぐに血圧があがったり、血液がドロドロになるわけではありません。

だけど、本当に怖いのは食べているうちに味覚が濃い味を覚えてしまうことです。

こうなると、塩辛いものや味の濃いものでないと満足できなくなって行きます。

ポテトチップスなどのジャンクフードを食べすぎると、味覚が鈍くなるのはこうした理由からです。

そして、お母さんの食べ物や味付けや味覚の好みは、食卓にならぶ料理から

子供も同じような味付けの好みになってしまうので、気を付けたいですね。

強い塩分や濃い味付けとは反対に、日本料理は繊細な味が魅力です。

日本料理は、水の料理といわれますが、素材の持っている持ち味を生かすのが得意な料理です。

旬の食材に、魚や、野菜の出汁で繊細に味付けられた料理の本当のおいしさを知っているのは、日本人だけです。

ついつい濃い味のものを求めてしまいますが、繊細な日本料理の味を理解できることも健康維持には大切なのかもしれません。

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について