妊娠中のお悩み解決局

母乳とミルク、どっちで育てる?

time 2018/12/02

母乳とミルク、どっちで育てる?

これからママになる女性が早いうちから考えることが
「赤ちゃんを母乳とミルクとどっちで育てようかな」という
ことです。

母乳とミルク育児については方法は三つあります

1 完全に母乳だけ
2 ミルクだけ
3 母乳とミルクの混合

それぞれ良いところがあるので、今日は完全に母乳の場合を解説しますね。

●完全に母乳だけで育てる良いところ

完全栄養食と言われる母乳は赤ちゃんに必要な栄養素が詰まっています。

さらに、お母さんと赤ちゃんが直接触れ合いながら授乳ができるので、

赤ちゃんも安心して、免疫力や、性格まで良くなっていくといわれています。

私たちの両親の世代は当たり前に母乳で育てていた人も多いので、

母乳で育てているだけで褒めてくれる人もいます。

ミルクと比較してお金がかからない、荷物が増えないのも大きな魅力です。

ミルクの場合には

・ミルク代
・哺乳瓶
・保温用の水筒

など以外にたくさんの用意が必要です。

料金としては1年間の粉ミルク代が概ね、12万円くらいかかってしまいます。

その点、母乳はお母さんから十分に提供できればお金は一切かかりません。

◆気を付けるところ
母乳は母体の栄養状態や、心理、ストレスなどに強く影響を受けます。

ママの体調が悪いと母乳はなかなかでなくなってしまいます。

母乳は、おっぱいから直接あげないといけないので、授乳スペースが必要です。

デパートや、百貨店など大きめの商業施設などには、授乳用にスペース用意されていることもありますので、あらかじめ確認しておくか、
ケープなどで人目を遮る工夫が必要になります。

最初は赤ちゃんが欲しい時に母乳が十分に作られなかったりすることもありますが、我が子がお腹を空かせているところを見ていると、母体である、あなたの体は徐々に赤ちゃんが必要とするときに必要とする分だけ作ってくれるようになっていきます。

この過程が母乳育児の最大の魅力であり、喜びです。

わが子と息を合わせることできる機会は一生の内でも限られています。
母乳育児は最高の育児体験になるんです。

母乳で育てられた赤ちゃんは、お母さんの肌と触れ合ったことを忘れません。

ママからたくさんのコミュニケーションを大切にして育てられた子供は、その記憶を一生忘れないと言われています

一部には、母乳育児をすると、素直で良い子に育つというデータもありますが、それは、ママのぬくもりを覚えているからかもしれないですね。

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について