妊娠中のお悩み解決局

ママが虫歯だと子供は・・

time 2018/12/02

ママが虫歯だと子供は・・

今回のテーマは
「ママこそ歯のケアをしっかりしよう」
です

妊娠中は歯周病や虫歯になりやすい時期と言われています。

ママが歯周病や虫歯だと赤ちゃんに悪影響を与えます
胎盤を通してママの虫歯がおなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、
産後、虫歯はママの唾液を通して、赤ちゃんに感染してしまうのです。

どうして妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいのでしょうか?

まず、妊娠中だと女性ホルモンのバランスが変わり
歯周病の原因菌によって、歯肉がはれやすく、出血しやすくなります

また、免疫力が低下して、口の中に炎症が起こりやすくなります

このように、妊娠中は、妊娠前と同じように生活していても、
口内トラブルが起こりやすくなるのです

なので、例えば

・つわりが長びいて、歯を磨くのがつらい
・口の中がよくネバネバする
・口臭が気になるようになった
・歯ぐきが腫れている
・歯を磨くと出血するようになった

こういった症状がでたら、早めに歯医者さんを受診しましょう

また、特に口内トラブルがない方でも
妊娠を機会に、歯医者さんを受診して、一度、口内チェックを
してもらい、さらに口内ケアについて
教わってみるのもいいかもしれませんね

歯が健康という状態は毎日、生活していると当たり前すぎて
あまり意識しなくなるもの。
だからこそ、トラブルが起こる前に予防の心がけが大切ですね

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について