妊娠中のお悩み解決局

妊娠中のヘアカラーについて

time 2018/12/03

妊娠中のヘアカラーについて

今回のテーマは
「妊娠中のヘアカラーについて」です

妊娠中でも、外出しないといけないし、人と会うこともあります。

女性として、綺麗でいたいですよね。

・妊娠中でもきれいな髪でいたい!美容院に行っても平気?

妊娠の期間は意外と長いです、トツキトウカと言われる通り10ヵ月あります。

ふだん美容室にはどれくらいの頻度で通っているでしょうか?

普段どおり妊娠中に髪を切って綺麗に整えること自体は、もちろんなんの問題もありません。

ヘアカラーやパーマ液などの薬品成分が、赤ちゃんに影響するか、どうかは気になるところですよね。

ご心配はごもっともです。

実は、カラーリング剤が胎児に影響するという報告は、かなり調べてみましたが、発見できませんでした。
しかし、胎盤ができる妊娠15~16週より前は念のために控えるのが一般的なようです。

また、妊娠中は母体であるお母さんの体が敏感になるため、事前にパッチテストをしてもらうか、根元を避けて塗ってもらうなどの一工夫をすると良いでしょう。

また、カラーリング中の注意点として、妊娠後期は長時間同じ姿勢でいると、腰痛やおなかの張りが出やすくなります。

苦しくなる前に椅子の角度を調整したり、立ち上がったりしましょう。
事前に相談しておけば、こまめに休憩をとるなどお店でも対応してくれるところが多いです。

母体に負担がかからないようにお母さんが自分で考えることも重要です。

私も当時は実際に体験していましたが、妊娠すると、体調の変化、体質の変化が起こります。

普段はなんでもない、寝不足や疲労が長時間の美容室では意外と影響します。

予想以上に待たされたり、時間がかかることもありますので、必ず担当の美容師さんに妊娠中であることを伝えてください。

二人分の命を背負ったお母さんは気を使うことが多いですが、妊娠中からわが子を守る意識を強く持つことは母として良いことかもしれませんね。

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について