妊娠中のお悩み解決局

妊娠中のコンビニ食品やファーストフードについて

time 2018/12/03

妊娠中のコンビニ食品やファーストフードについて

いつもは食べるものに気をつかっているのですが、妊娠中には急にファーストフードやコンビニで売っている食べ物が食べたくなってしまう時がありました。

ママ友の皆さんに聞いてみると私だけではなく、誰にでも、そういうときがあるみたいです。

毎日、コンビニでスイーツや、お弁当を見ていると食べたくなっちゃいますよね。

でも、コンビニの商品や、ファーストフードって妊娠中に食べても大丈夫なんでしょうか?

ファーストフードやコンビニなど、ジャンクなものが食べたい!という時は
カロリーや、塩分量に注意し、1日や一週間単位で調整すれば大丈夫。

たまに食べるぶんには問題ありません。

食事は人生における大きな喜びの一つです。

美味しい食事や、楽しい食事を経験するとそれは幸せとして、記録されます。

この経験を多く記録して、瞬時に思い出せる人は間違いない幸せです。

そして、幸せな記憶は繰り返したくなります。

ですから、コンビニの食べ物や、ファーストフードの料理であっても楽しい記憶と結びついていれば、たまに食べたくなるのも仕方ありません。

むしろごく自然のことだし、それで幸せを感じられるなら、ぜひやってください。

しかし、食品としては毎日食べるのは控えた方がいいのも事実です。

どちらも、保存料や着色料などを使い、人の味覚や、刺激に訴える、
ある意味で現代の科学を結集した食品ではありますが、いくら楽しくて、美味しくても、体に良い影響を与えるものではありません。

食べすぎなければ、食べても大丈夫なので、上手く量を制限することが大切です。

その時には一日単位で考えるよりも、一週間単位で考えることをお勧めします。

一週間単位で考えると、月曜日にファーストフードを食べても、火曜日に野菜を意識して多めにとることでバランスが取れます。

こういった考え方ができると意外と子育てにも役立つのでぜひ身につけておきたい考え方です。

例えば赤ちゃんが生まれて、一緒に食卓を囲んでご飯を食べるようになったとき、食べたものを観察していれば、翌日は不足した栄養成分を補うような献立を考えることもできます。

人生は学びの連続ですが、学んだことを生かせるように考えることが常に必要ですよね。

最近はカロリーや塩分が表示されていることが多いので、確認してから選ぶと良いでしょう。

緑が足りないと感じたら、サラダを追加するなどの工夫をしてください。

昼間にコンビニ弁当を食べたら、夜は自炊するなど、一日や一週間という期間で栄養バランスをとるようにしてください。

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について