妊娠中のお悩み解決局

体のめぐりを良くするメリット

time 2018/12/03

体のめぐりを良くするメリット

今回は「体のめぐりを良くするメリット」がテーマです

私は、体のめぐりが悪くて困った記憶があります。

赤ちゃんがお腹を空かせて泣いているときに、十分な母乳をあげられなかったこともあって、その時は本当に辛かったです。

「一緒に母乳で育てようね」と約束していた夫も、あまりに赤ちゃんの泣き声が凄くて、「ミルクに代えようか?」って言ったぐらいです。

この一言が当時の私にはショックでした。

母乳が出にくくなっていることは、夫の両親たちも知っていたので、

時には夫を通して電話で、母乳の出ない嫁なんて!

という空気が伝わってきました。

私もミルクに代えちゃおうかな?

って何度も、くじけそうになったのですが、それでも根気よく、母乳育児を続けていくと徐々に母乳の量が増えていきました。

体のめぐりを良くすることがこんなに大事だなんて知りませんでした。

私がめぐりの大切さに気が付いたのは出産後でしたけど、出産のときにもめぐりが良いといいことがあります。

・めぐりを良くすると出産のときにメリットがある

・陣痛の時間が長引きにくい
・陣痛の痛みが軽い
・少し「いきむ」とスルンと生まれる
・出産のための医療処置が少ない
・産後の回復がスムーズ
・出産が上手くいった経験から母としての自信につながる

他にも、血液のめぐりが良くなって母乳が出るとこんなメリットがあります。

・体形、体重、体の疲れ等の回復がスムーズになります。
・感染症や病気から赤ちゃんを守れる
・授乳後の赤ちゃんの満足度も上がって笑顔を見せてくれる
・赤ちゃんの腸内環境が整いやすい
・粉ミルク代がかからない

赤ちゃんが乳頭を吸うことでオキトシンというホルモンが出て子宮収縮を促します。

このため、産後の回復がスムーズに、悪露などの産後出血も少なくなり、貧血の予防にもばっちりです。

お母さんの母性のスイッチも入るため、「赤ちゃんと一生懸命に育てたい」という思いが強くなるのも素晴らしいですよね。

また、母乳には赤ちゃんのための免疫物資がたくさん含まれているため、感染症の予防や、腸内環境が整いやすくなるという利点もあります。

down

コメントする




妊娠線について

母乳とミルク育児について